Toppage  Technique  About us  Link
 
 Rule  規 定
  • 打撃技の禁止
  • 急所攻撃禁止
 Victory or defeat  勝 敗
  • サブミッション - 絞め技や関節技で極めたとき
  • 重大反則行為
  • 失神
  • ポイント(ポジティブ&ネガティブ)
  • アドバンテージ
  • 時間内に決着が付かなかった場合はポイント数の多い方が勝ちとなる。引き分けはなくポイントが同じだった場合は審判が判定する。
 Positive point  ポジティブポイント

基本的に3秒以上でポイントになる

名 称 ポジティブポイント 詳 細
テイクダウン 2点 立っている相手を倒し、寝技に持ち込むこと。
スイープ ガードポジションの選手が上の選手をひっくり返して上下逆になること。リバーサルとも言う
ニーオンザベリー サイドポジションから仰向けの相手の胴体に自分の膝を当て、もう一方の膝を床から離した体勢に移行すること。ニーインザベリーとも言う
パスガード 3点 インサイドガードポジションから脱しサイドポジションで相手を抑え込むこと。
マウントポジション 4点 馬乗りの体勢になること。相手の体制は仰向け、横向け、うつ伏せを問わず有効
バックグラブ 背後から相手の両腿に両足を絡める

ただしニーオンザベリーを掛けた後反対側に移動し再びニーオンザベリーを掛けるような行為はポイントとして加算されない。

 Negative point  ネガティブポイント(ペナルティー)
試合中に相手と組むことを避ける行為、ストーリング(時間稼ぎ)、サブミッションを仕掛ける努力をしない行為には、ペナルティーが与えられる。
重大反則 : 即座に失格となる
  • 禁止行為
  • サブミッションが仕掛けられた状態で場外へ逃げる行為(柔道では認められている)
  • 噛みつき、サミング、髪を引っ張る、打撃行為、急所攻撃、指先で鼻孔に攻撃など
  • その他常識、道徳的に反する行為や言動
軽微な反則
2度目以降ペナルティーとして相手に1ポイントのアドバンテージが与えられる。3度目以降は2ポイント、5ポイントを超えると重大反則となる
  • 相手の道衣を掴まず膝を着く
  • 消極的な行為
  • 相手の道衣の袖口・裾口に指を入れて掴む行為
  • 相手の帯を両手で掴む
  • チョークの際に鼻をねじり上げる
  • 相手の指を掴む
  • 道衣の内側または帯に足を引っかける
  • 道衣を持たず直接のど仏にチョークを掛ける。ただし袖車絞めは有効
 禁止行為
階 級 反則技 解 説
全階級 ネックロック フロント・ネックチャンスリーなどの首関節
蟹挟
ヒールホールド
スラミング ガード状態の相手を床に叩きつける行為。
バックグラブしている相手をジャンプして叩きつける行為も同等
青帯〜紫帯以下 アンクルホールド 足首固め
膝への関節技 膝十字固めの形を用いたスイープも反則となる場合がある
二頭筋固め
カーフロック ふくらはぎ固めのこと
股裂き
白帯及びジュベニウ以下 リストロック
インファント・ジュベニウ以下 三角絞めから頭を引きつける行為
足首関節
袖車絞め
インファンティウ以下 オモプラッタ
フロントチョーク
 Uniform  柔術衣

道着の袖の余り幅は6.8cm以上あること。

柔術衣は一般的に柔道着とは異なりやや薄手のものが使われる。初心者は柔道着で入門しても特に問題ないが試合に出る場合はやはり柔術衣を購入した方がよい。

柔術衣は黒、白、青、紺色のみ認められ、上下が同じ色でなければならない。ただし大会主催者の規定内であればパッチやワッペンなどは好みで付けてもよく、派手な柔術衣で試合に出場する選手が多い。

 Age Category & Rank  年齢と階級
カテゴリ 対象年齢
プレミリン 4歳 - 6歳
ミリン 7歳 - 9歳
インファンティウ 10歳 - 12歳
インファント・ジュベニウ 13歳 - 15歳
ジュベニウ 16歳 - 17歳
アダルト 18歳 - 29歳
マスター 30歳 - 35歳
シニア1 36歳 - 40歳
シニア2 41歳 - 45歳
シニア3 46歳 - 50歳
シニア4 51歳 - 55歳
シニア5 56歳以上
 
体 重 階 級
55kg未満 ガロ級 (galo)
61kg未満 プルーマ級 (pluma)
67kg未満 ペナ級 (pena)
73kg未満 レーヴィ級 (leve)
79kg未満 メジオ級 (medio)
85kg未満 メイオペサード級 (meio-pesado)
91kg未満 ペサード級 (pesado)
97kg未満 スペルペサード級 (super-pesado)
97kg以上 ペサディシモ級 (pesadissimo)
無差別 アブソルート級 (absoluto)


 Full time  試合時間
帯/階級 プレミリン ミリン インファンティウ インファント・ジュベニウ ジュベニウ アダルト マスター シニア以上
白帯 2分 3分 4分 4分 5分 5分 5分 5分
青帯 - - - - 5分 6分 5分 5分
紫帯 - - - - - 7分 6分 5分
茶帯 - - - - - 8分 6分 5分
黒帯 - - - - - 10分 6分 5分
 ※空白はその帯を取得できる年齢でないことを示す
 Characteristic  特 徴

柔道と異なり、どれほど綺麗に強く投げても一本にはならない(2ポイント)。また、柔道と異なり引き込みが認められている。そして、寝技から一方の選手が立ち上がっても、もう一方の選手が立ち技を望まず立ち上がらない場合、そのまま寝技が継続される。また寝技が膠着した場合にブレイク(待て)がかかる時間は柔道に比べてかなり遅い。そのため、寝技中心の試合展開になることが多い。

また、その寝技にしても、抑え込みでは一本にならない。また、柔道では寝技で亀になって防御することが多いが、柔術ではその態勢で背に乗られ、相手の両足をそけい部に差し込まれるとポイントになる(4ポイント)ため、亀の姿勢のままでいることは多くはない。むしろ、防御する側(下側の者)は、相手の間に脚を入れること(つまりガードの状態にすること)を目的に動く。

一本勝ちは、関節技や絞め技を極めた場合になるが、実力が拮抗している場合は一本を狙わずポイントを狙う競技者も多い。